Unity


手軽に3DCGを用いたゲームを作成でき、物理演算も標準搭載されたゲームエンジン「Unity(ユニティ)」。

起動時にロゴが出るものの無料版でもWindows・Mac・Android・iOS向けといったマルチプラットフォームでゲームが開発できるツールというのは非常に魅力的。※有料版ではより効果的な機能やツールが使用でき、ロゴも消えます。ただしPro版に加え、各モバイルプラットフォームで購入が必要になります。

そして3Dモデル・テクスチャ・音楽・効果音などの素材やGUIやチュートリアルといった機能を手軽にアセットストアで購入(入手)することができる点も見逃せません。素材探しとかは非常に手間がかかりますし、ライセンス内容も確認できるので使う際もお手軽です。

当然のようにゲーム開発のハードルの高さを一気に下げたこのUnityは絶大な人気を博し、多くの開発者がこのツールを用いて数多くのゲームが公開されています。またUnityは3Dの方が得意ですが、2Dのゲームも制作できるので混ぜた感じのものも作れますね。

Unityに関しては勉強会やゲーム開発を短期間で即席チームを作って行うゲームジャムのようなイベントも多く、学習や力を試す場所が多いのもいいです。自分も勉強中で、早くUnityを使って開発したゲームを公開したいと考えています。同じ考えの方、一緒に頑張りましょう!

ちなみに勉強会はATND(アテンド)などで調べるのがおすすめ。人気なのですぐに参加可能人数を超える状態です。予約はお早めに。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください