感想」タグアーカイブ

VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」をクリアした感想(ネタバレなし)

VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」(リンクは公式サイト)の体験版についてはすでに過去に記事にしましたが、その出来から期待して、事前購入して、ようやくクリアしました。

カテゴリー: HTC Vive, Oculus Go, Oculus Rift, VR・AR, ゲーム, レビュー, 買いました | タグ: , , , , , , , | コメントする

VRゲーム 「東京クロノス」の体験版をいまさら遊んでみた感想(ネタバレなし)

VRミステリーアドベンチャーゲーム「東京クロノス」(リンクは公式サイト)の体験版をOculus Goで遊んでみました。

ネタバレはほとんどない形で今回レビューを書きます。

まずインストールするまでには少してこずりましたが、ホームの一番下にサムネイルが出ているというのを探せなかったんですよね。これはおそらくOculusHomeの仕様なので仕方ないですね。

カテゴリー: Oculus Go, VR・AR, ゲーム, レビュー, 気になる!, 端末・デバイス | タグ: , , , , , , , , , | コメントする

【ゲーム日記】ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵 クリア【レビュー】

2016-01-02 15.28.07

11月下旬に購入して以来、少しずつ遊んでいましたが、先ほど裏ボスも倒してのクリアになりました。最後の方はさすがに厳しいため、みがメタを使うことになりましたが、十分楽しめました。

クリア後のストーリーが巨大怪獣もしくはスーパーロボットアニメばりの超展開で驚きましたね。ただモンスターが違うだけで同じ展開が続くのはちょっとつらかったかも。水増し感というか・・・もう少し特徴付けても良かったかな、ボス強化版は。設定付けていかせば生きる素材だけにもったいない。

カテゴリー: ゲーム, ゲーム機, ニンテンドー3DS, レビュー | タグ: , , , | コメントする

【買いました】Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ【書籍レビュー】

話題にはなっていながら、なかなか書籍が出ないOculus Rift DK2(オキュラスリフト ディーケーツー)。
VR界隈で有名な著者がストレートなタイトルの書籍を書かれました。それがこの「Oculus Riftでオレの嫁と会える本 UnityとMMDモデルで作る初めてのバーチャルリアリティ
」。通称はOcu嫁本とか言われてますね。発売当初購入したのですが、なかなかレビューできず。

カテゴリー: Oculus Rift, ゲーム開発本, レビュー, 書籍, 評価★★★, 評価★★★★, 買いました | タグ: , , | コメントする

見せてもらおうか、自己啓発本のすごさというものを

とある研究というか実験のために自己啓発本を購入して何冊か読んでみました。
おすすめ度は5がおすすめ、1はおすすめできない

カテゴリー: 書籍, 電子書籍 | タグ: , | コメントする

ドコモ新モデル [Xperia Z1 SO-01FとXperia Z1f SO-02F」「LG G2 L-01F」を触ってきたよ

今日は歯医者に行く予定もあり、帰りついでにヨドバシでドコモの新モデルのホットモックを触ってきました。

一番注目を浴びていたのはやはり「Xperia Z1 SO-01F」。
「Xperia Z SO-02E」と同じ背面に横が少し変わったかなという印象。なんとなくオーディオとかにありそうなデザインのように見受けられました。横が赤いモデル出ないかと感じます。結構合うと思うんですけどね。動作自体はもう他の端末でもそうですが充分な快適さ。とにかく手に取る人が多かったですね。

カテゴリー: モバイル, 秋葉原, 端末・デバイス | タグ: , , , , | コメントする

【レビュー】 Nexus 7(2013) Wi-Fi+LTE (ME571-LTE)【買いました】

9/12に注文したNexus 7(2013)Wi-Fi+LTEモデルが9/13に到着しました。
ほぼ同時に購入したアクセサリーも到着。

2013-09-14 18.58.16
本体と画面保護フィルムと多機能ケース、そしてIIJmioプリペイドパック。

カテゴリー: Nexus7 2013, レビュー, 実機・ホットモック, 評価★★★★★, 買いました | タグ: , , , , | コメントする

【ゲームレビュー】逆転裁判5【3DS】

逆転裁判シリーズは1から人気の高かった裁判を題材にしたアドベンチャーゲーム。
その人気は愉快・熱さ・爽快さ・魅力的なキャラクターが挙げられ、自分も大好きで1~4までずっと楽しんでいました。

ですが、多くの方々がそうであったようにその人気の支えでもあった部分の大半を否定してしまうような4の存在は、自分から逆転裁判を遠ざけました。1からのディレクターであった巧舟氏が離れた「逆転検事シリーズ」、巧氏が協力した「レイトン教授VS逆転裁判」も遊びたいと思わせないほどの傷を負ったのでした。

カテゴリー: ゲーム, ニンテンドー3DS, レビュー, 評価★★★★ | タグ: , , | コメントする