自分を守れるのは自分だけ

スポンサーリンク

春はある特定の仕事をしていますが、今年は例年以上に手応えがなく、不思議に思うことが多かったのです。
その因果関係がどうにもきになって、いろいろ調べていたのですが・・・ようやく思い当たることが見つかりました。

仕事をする相手がストレスに異常に弱いこととその言動や行動がアスペルガー症候群に近いということ。
そして自分も今回かなりストレスなどでメンタルが結構やられていたという点。

この2点がわかってくると自分の中でもう少し調べてみようと思い、いくつかの書籍を買ってみました。
元々自分も精神的にかなり弱いというのは自覚しているのですが、しっかりと分析や情報を知るのには、やはり自分の場合は本ですから。


体系的に学ぶには資格のテキストが意外といいかなと思ったんですが、正解でした。
「メンタルヘルス・マネジメント検定試験」3種のうちのひとつ「セルフケアコース」。
文章がずらーっと書いてあり、テキストとしての出来は正直良くはないのですが、読み物としてはありです。これを機会にこの資格を取得してみようかなと考えてみたり。ただ仕事の関係上はマスターコースやラインケアコースの方が合ってるかもしれません。


アスペルガー症候群の方もそうでない方も接し方がわかると、ずいぶん違うなあと感じました。入門用としてはかなり良いと思います。相互理解が大切です。

特にセルフケアの方は前回の開発時にかなりやられていたのを読んでいると痛感します。また同じようにならないように対策をこれで練っておこうと思います。また相手の状況もある程度察することができれば両者にとって大きいと思いますね。今後はさらなる負荷とストレスを感じる仕事が増えてくると思われるので、いい機会になったかもしれません。

そして読んだ感想は「自分を守れるのは自分だけ」。
結局他の人や医者では自分の症状やストレスはわからないものです。(相当察してくれる人がいれば別でしょうが)だからこそ一早く気づくことができる可能性が高い自分が、己の心身からの警告を無視せずに整えるようにしないと壊れるということですね。もし同じように困ったり、悩んでいる方はご参考までに上に挙げた本を読んでみるのもありだと思いますよ。


楽天モバイル ご利用の流れ 販売端末一覧
ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました