【レビュー】ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D【感想】

スポンサーリンク

昨年購入したニンテンドー3DSとそのソフトたち。
さらにPSVitaも購入したりとゲーム機を購入はするのですが、なかなかプレイ時間が増えず。年齢を重ねていくごとになかなかゲームに割く時間がなくなってきていており、宝の持ち腐れ感が強まっていた矢先・・・ついにその状況を打破するものがあらわれた!

それが今回の「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D」

元々ゲームボーイ、PS1のリメイクはあり、今回は2度目のリメイクで3DSへの移植作。システムはドラゴンクエストモンスターズ ジョーカーシリーズのものを積極的に採用しています。

ゲームボーイ版は発売当時に購入してはまってすごい勢いでクリアしましたが、さて今回はどうでしょうか?

2Dドットだった画面が3Dになり趣も大きく変わり、町を歩くのもかなり楽しくなりました。またルーラで移動も楽になったのは正直助かりました。というか途中まで気づかずにずっと歩いていてイライラしてたり。

戦闘もシンボルエンカウント方式になり、モンスターの動きや表情、大きさがかなりわかりやすくついたりとこれだけで楽しさがずいぶん変わりますね。まあグラフィックの粗さは若干気になるものの、それほど気になりません。

またスカウトシステムも思ったよりも、違和感がなくて以前の肉だけよりもやりやすくなった感じがしました。モンスターの数も増えているので、助かります。

とりあえず表面(タイジュ編)をクリアした時点でのレビューになります。

お気に入り!

個人的に大はまりした理由は、最強モンスターが作れないという点とスキルシステム。
最強モンスターが作れないというのは、強いスキルにはデメリットが存在し、また弱点がないモンスターは基本的にいない点。前回は強いモンスターは強いままでしたが、弱いモンスターでも弱点を突いたり、長所を高めることでしっかりと戦えるようになったので、その分使うモンスターを選ぶのに悩む時間が増えました。またスキルシステムでスキルを継承できるのですが、ポイントによってパワーアップしたり、組み合わせたスキルが生まれたりで配合のポイントがさらに増えたことで悩む時間が増えたんですが、また組み合わせを考えるのが楽しいんです。適当に出したモンスターが予想以上に能力を発揮したり、その逆もあったりでなかなか理想と現実が合わない感じも挑戦心を煽るというか・・・

気になる・・・

戦闘シーンでモンスターの動きがそれぞれついたため、時間がかかるようになった。さらに飛ばすこともできない。モーションがやけに長いのがいるんですよね。結構時間とられるなあと思うことがあります。

あとは地域やお店、期間で限定された配布モンスターがあるというところ。スタートが遅かったというのもあるんですが・・・やっぱりねえ。

プレイスタイル

3DSで遊ぶ傍ら、攻略サイトで配合やら出現モンスターのチェックをタブレット端末でやるとかなり捗ります。iPadRetina、Nexus7どちらでも充分に見やすく、大活躍しました。ただブラウザの戻るなどを多用するため、Android端末の方が楽だったかも。持っているならば活用してみるべきですよ!

お気に入りモンスター

けもの系とアンデッド系がやけにラインナップされている我がパーティ。
前半:キラーパンサー、ファーラット、アントベア、とっしんこぞう
中盤:とらおとこ、コングヘッド、とうちゅうかそう、エビルマスター、ねこまどう、わかめおうじ
後半:とうだいタイガー、デュラン、魔王のつかい、フラワーゾンビ、ケルベロス

総合評価 ★★★★★

気になる点はあるものの、それ以上の魅力を感じているので満点です。
時間泥棒的にプレイ時間が150時間を軽く超えました。
最初は8時間くらいで一時止まっていたんですが(確か敵が一気に強くなって太刀打ちできなくなってきた)、なぜかガンダム3Dバトルで3DSをクリアした際に復帰してみるかと思って触ってみたのがはまったタイミング。ここまでゲームにのめりこんだのは久しぶりです。

いろいろ考えているなあと思う点が多く、対戦ツールとしてもうまくできていると感じます。ジョーカーのシステムが採用されたことが嫌という人もいると思うんですが、幅が広がったこととプレイアビリティが向上したのは確かで、かなり遊びやすくなっていると感じました。登場したモンスターが多彩で色々な顔が見られるのは素直に楽しく、さらにスキルと組み合わせてうまく成長が進むと愛着もひとしお。

自分のようにデータをながめるのが好きという人でドラクエが好きもしくは遊んだことがあるという方にはかなりおすすめ。かつて遊んだドラクエのモンスターがどう動くんだろう?という好奇心がある人も楽しめると思いますよ。


自分は中古で1980円で購入しましたが、5000円以上の価値を感じましたよ。それだけ遊べる要素が多いです!


攻略本の中では一番良さそう。配合の逆引きがないのが残念。


ゲーム自体の音はいいのですが、3DSのスピーカーの出力が弱い感じなので外部スピーカーにするとまた曲のイメージも違い、迫力もずいぶん変わります。中でもコストパフォーマンスが良く評判のいいものをチョイス。

旅のお供におすすめのタブレット。(自分はNexus7でしたが・・・)


マウスコンピューター高性能ノートパソコン特集デル株式会社

ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました