気になる!スマホ電話SIM

スポンサーリンク

日本通信が本日発表した「スマホ電話SIM」。
以前から発売していた音声通話サービスとデータ専用プランを良い所をとって、より柔軟に安く組み合わせられるサービスですね。

プランは全部で9つ。

・音声通話のみで無料通話分が違うもので3種類。これがベースになります。
1.「プランS」:1,290円(通話料21円/30秒・無料通話分:1,365円)
2.「プランM」:2,290円(通話料18.9円/30秒・無料通話分:2,835円)
3.「プランL」:3,710円 (通話料14.7円/30秒・無料通話分:5,250円)

・音声通話プランに最大通信速度200kbpsの通信使い放題が追加で3種類。
+1,690円

・音声通話プランに2GBまで下り最大14Mbps / 上り最大5.7Mbps(ベストエフォート)の3G通信※を追加で3種類。
※使いきった場合は最大速度が100kbps(イオンSIM並)になる。
+2,990円

SIMカードもノーマルサイズのSIMと小さいサイズのMicroSIMを選択可能。

個人的に音声通話プランをこの値段で出してきたのは好感が持てます。
本家ドコモのように無料通話を次の月に持ち越せない弱点はありますけど。

ノーマルだと通信部分のバランスが残念な感じですが、追加クーポン購入で高速通信が利用できる「Turbo Charge」(ターボチャージ)にも対応することでバランスをとっている印象。SMSも使用可能です。

プランの変更が可能である柔軟性はいいですね。
もっとも前月の段階で変更依頼をしないとダメみたいですけれど。

あと日割り計算や定額リセットの基準は月初めではなく起算日であることも気をつけないといけませんね。

別途契約手数料が3,150円かかり、支払いはクレジットカードのみです。

このサービスに向いていると思われる人のパターン
すでにSIMフリーもしくはドコモSIMに合うスマートフォンを入手していることが前提条件です。入手していなくても安い端末はあるので、それを買っても問題無いです。

・ごく短期間で通話・データ通信が必要になった人

・すでにルータ運用していて、通話もしたいと考えている人
(たとえばWiMAXやXi対応MVNOサービス、端末側にはこのSIMを入れる)

・どれくらい音声通話やデータ通信を使うか不明だが期間を気にせず安く試したい人

・月によって使いたい通話料や通信料のパターンが大きく変わる人
(前もってある程度わかっている必要はあります)

・スマートフォンは持っているが、仕事用の電話番号が欲しい
(無料通話分ありで主に待受用)

自分はあまり気が進みませんが、契約最低期間もないようなのでMNPの弾として狙う人もいそうです。あまりにそういう方が多すぎて、制限がかからないといいのですが・・・。

2012/8/8 追記
予想通りというか3ヶ月が最低期間に変更され、未満での解約時に違約金として5,250円(税込)かかるようになりました。
予想できたことだけにさすが日本通信だな、と。最初から公表しておけばいいものを・・・こういう対応が信用を失うと思うんですがね。
2012年8月8日15時以降のお申し込みについて

個人的におすすめとしては、別のSIMをモバイルルータで運用して、この音声通話用SIMサービスを端末に入れる形がかなり満足感が得られそうです。

たとえば
BB.exciteモバイルLTEの1GプランやIIJmioファミリープランを3枚で家族で割り勘すれば、月額 約950〜980円。そこにプランSを追加しても、Xi通信+通話が合計2,300円以内でおさまります。

日本通信は他社よりも選べる選択肢の広さを売りにしたサービスが目立つようになって来ました。単品サービスでは他社と比べてややコストパフォーマンスは悪いですが、ニーズに合う方には非常に魅力的なサービスですね。

ちなみにサービス開始は8月下旬からだそうです。
詳しくは日本通信の公式サイトをどうぞ。
スマホ電話SIM




Unityアセットストア売上トップ有料アセット/新着アセット/ 当サイト「Unity」関連記事

ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログ VR(バーチャルリアリティ)へにほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました