Magic Trackpad(MC380J/A)を買いました

スポンサーリンク

MacBookProをメインにしてからというもの、Mac関係でお金が飛んでおります。使い始めたからこそ「これがあれば・・・」ということも増えていくのは仕方ないことでもありますね。

今回買ったのは「Apple Magic Trackpad MC380J/A」。

Windowsでも基本トラックボール派の自分には以前購入したMagicMouseは不便すぎました。マウス操作自体がもう嫌になっている人なので・・・。
画面はあまりに解像度が低いため使いにくいので、クラムシェルモードを使って外部ディスプレイに出力しており、そのためMacBookProについているトラックパッドが使えなくなったのがストレスになったのです。それも手伝って購入を決意。

ヨドバシカメラのサイトで注文し、当日に到着。

早速開封した感想をば。
思ったよりも重量感があるんですね。
裏のガラス面はやはり割れるらしく、扱いが不安ではありますね。
右サイド上にある電源ボタンを押すと電源が入ります。

使用感はというと・・・
反応は素晴らしく、自分の場合は付属トラックパッドよりも面積が広いので使いやすい印象を受けました。
ですが、ノーマルの設定だとやりたいことが少なすぎて使いづらい印象。
MagicMouseではお世話になった「MagicPrefs」ですが、今回はどうも設定が希望通りにならず。
鉄板と言われるフリーソフトの「BetterTouchTool」(通称BTT)を使うと、その設定の多さと応用ができることに感動。
まさに評判通りでMagicTrackPadに必須レベルと言っても過言ではないですよ、これは。

割当は真ん中の上と下にページ上下移動、中央左はリロード、あとは「デスクトップに戻る」「finderを表示」「終了」など。
これだけでネットサーフィンやら操作自体が本当に見違えるように改善されました。
ただ画像作成や加工などの小さい場所や細かくフォーカスしたりする操作はマウスよりも動きがおおざっぱなために苦手な感じ。そのあたりはマウスと使い分ける必要がありますね。

今まではWindwosとLinuxを使っていましたが、Macの良さもずいぶんわかってきました。このまま暫定ではなく、メインをMacにする方向もありだと感じています。
今回「Magic TrackPad」を買ったのも次は「Mac mini」を買うことも想定した部分もありますからね。
キーボードはクラムシェルモード時には以前購入してたいして使わなかった「iMac SE」に付属していたものをUSBで繋いでいますが特に問題なく動いています。気になったものは買っておくものですね。

いずれにせよ満足度が高いアイテムで、デスクトップのMacやノートでも外部ディスプレイ出力したいとお考えの方にはおすすめですよ。


楽天モバイル ご利用の流れ 販売端末一覧
ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました