【Unityアセット】気軽にローポリワールド「Lowpoly Style Ultra Pack」を触ってみた【VR対応&購入感想】

スポンサーリンク

Unityアセットストアで購入したアセットを最近いろいろと触っています。

何で今まで使っていなかったのかと後悔するようないいものも見つかったりします。

今回は「Lowpoly Style Ultra Pack」です!

このアセットは?

Lowpoly Style Ultra Pack
は森林やツンドラ雪原、砂漠、アジアチック、南国の砂浜などローポリゴンの世界を作る素材集のアセット。

実際に触ってみた

今回は2020URPで試してみます。

スタンダードにもURPにもHDRPにも対応しているのが好感度高し。

VR設定だとシェードがピンクになりやすいですが、問題なかったです。

VR体験動画

ドキュメントも丁寧で迷わずに導入できました。

そこで今回は6個中2つのデモシーンをOculus Quest用にVRで体験してみました。

今回もUnity2020.3.15fとレンダリングはURP、Oculus Quest1で実行したものです。

どちらも水がありますが、きれいに表現できてますね。

全体的に木のモデリングに力を入れているように感じます。

感想

ローポリで自然を作るアセットは多いですが、6つ入っていてお買い得ですね。

ものによってはちょっとしたことでエラーが出たりして悩むこともありますが、安定したのが好感。

同じように悩んでいる人には、ぜひ入手してほしいアセットです。


Lowpoly Style Ultra Pack


Unityアセットストア売上トップ有料アセット/新着アセット/ 当サイト「Unity」関連記事

ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログ VR(バーチャルリアリティ)へにほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました