【Unityアセット】気軽にエフェクト「Mesh Effects」を触ってみた【VR対応&購入感想】

スポンサーリンク

Unityアセットストアで購入したアセットを最近いろいろと触っています。

何で今まで使っていなかったのかと後悔するようないいものも見つかったりします。

今回は「Mesh Effects」です!

このアセットは?

Mesh Effectsはメッシュエフェクト集。セールなどでもよく対象になるのですが、人気があるアセットである証拠。

実際に触ってみた

今回は2020URPで試してみます。

最初はURPに対応していないので、「HDRP and URP patches」の中にある「URP Patch」を実行します。

そして「Materials」の中にある「MeshEffect」(21種以上)やそれに類するものをオブジェクトにくっつけるだけです。

こういうものはVR設定だと変なエラーが出やすいのですが、問題なくできました。

VR体験動画

ドキュメントがなくても、感覚でできるほどわかりやすいのは素晴らしい。

そこで今回は適当に球体にエフェクトをつけてOculus Quest用にVRで体験してみました。

今回もUnity2020.3.15fとレンダリングはURP、Oculus Quest1で実行したものです。

特に大きなトラブルもなく、導入できました。

感想

簡単に美しいエフェクトが適用できるというのは、すごくありがたいです。

地味に炎や水関係も出来が良く、下手に悩まなくていいのは個人的に嬉しいです。

同じように悩んでいる人には、ぜひ入手してほしいアセットです。


Unityアセットストア売上トップ有料アセット/新着アセット/ 当サイト「Unity」関連記事

ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログ VR(バーチャルリアリティ)へにほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました