【ネタバレなし】シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇を観てきました【感想】

スポンサーリンク

延期が続いていた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』全4部作の第4作目「シン・エヴァンゲリオン劇場版」。

公式サイト

2021年3月8日に公開されたのですが、気にはなりつつもネタバレを喰らうことなく、観ることができました。

今回はネタバレをしないレベルで感想を述べたいと思います。

視聴前の筆者とエヴァ

筆者は新世紀エヴァンゲリオンのTV版をリアルタイムで全話視聴、旧劇場版も劇場に行ってまで観てますし、ゲームも遊んだり、漫画も全部読みましたし、新劇場版もすべて観ています。

ただし前作のQに関しては当時ポカーンとして、後半は頭にほとんど残っていなかったという状態でした。

で、どうだった?

スッキリとはいかないが、おおむね納得がいくし、文句を言えない形でまとめたなと。

あの時間でよくあそこまでキャラをフォローしたなという印象。

あのキャラはどうしたんだろう?という点はほとんどないように配慮されています

庵野総監督自身の”けじめ”もつけたなという感じ。そしてファンたちにも。

なんとなく庵野氏が冨野監督のVガンダム時と似たような状態だったところから、今までの自分と今の自分、未来の自分への抱負を形にしたような区切りを見たような感じでした。

庵野監督が心を躍らせたもの(アニメや漫画、特撮など)、築き上げたもの、悩んだもの、壊したかったもの、そしてこうしたいという想い・・・

そして大人になったなと感じる場面がひとつの区切りだったように思います

個人的には絶賛はできないけれども、今までエヴァをみてきて良かったなとは思いました。

特にスタッフロールでもそれは強く感じました。

気になった点は?

ボリュームを考えれば仕方ないのですが、長いなと。

中盤の時間の流れがゆっくりなので、その時に自分はトイレに行きたくなりましたし、周りにも少し寝てしまっている人がいました

終わった後はお尻が痛かったですね

ペース配分や流れがかなりはっきりしていて、激しく変わるので、それが合う合わないはあるかもしれません。

それとわざとなのか、やけにチープな表現をやっていると感じる点がいくつかありました

前評判で情報量がすごいと言われていましたが、確かに多いですけど期待しすぎたせいか、そこまでには感じず。最近多くの情報処理をすることが増えているのもあるのか、気づいていないだけか?

また今までどれだけエヴァに触れていたかで、嫌と言うほどに味わったもどかしさを解消できるという形なのは、人を選ぶかもしれません。

おすすめ?

あなたがエヴァを少しでも好きであれば、おすすめです。そしてTV版、旧劇場版、Qで「ああああ」となった人ほど観た方がいいかもしれません。憑き物が取れるかもしれません。

最後に

ようやく自分のエヴァンゲリオンが終わったなと素直に思いました。

なんだかんだで長く付き合った作品で自分にも大きく影響を与えてくれたのだということを実感できました。

自分と似たような感覚の人には、観ておくべきと伝えたいですね。

新劇場版のまとめと本編12分までが公開されていますので、それを観て決めてもいいかもしれませんね。


Unityアセットストアおすすめ有料アセット
ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました