UnityでOculus Questゲームアプリ開発日記「あこがれの宇宙刑事」【なりきりトレーニング編その5】

スポンサーリンク

前回は狙い通りにうまくいかなかったことについて書きました。

UnityでOculus Questゲームアプリ開発日記【なりきりトレーニング編その4】
前回はリラクゼーションのキャンプファイヤーの追加をしました。 今回はボクササイズの調整。 変更点 弾の出現位置を高くし、接近時に少し下がるようにした 背景を変更できるようにした 調整...

その後も色々試していますが、どうにも解決できず。

ちょっと考え方を逆転して行こうかと思っています。

気分転換に以前から作りたかったものを作ることにしました。

それは宇宙刑事シリーズで出ていた「レーザーブレード」。
VRゲームでは超人気の「BEAT SABER」っぽくなってしまうんですが
「子どもの頃に憧れたアレをやりたい!」という気持ちを抑えられず。

できたのがこんな感じです。


宙に浮くレーザーブレード


手に取ると、刃の部分が青白く光り、それっぽいBGMが・・・


壁を攻撃すると衝撃系のエフェクト付き


ドォーンと壁が消滅

BGMはこちらをお借りしています。

フリーBGM素材「game_image39」試聴ページ|フリーBGM DOVA-SYNDROME
無料・著作権フリーのBGM素材「game_image39(作:UG)」の試聴ページです。

思わず見つけたときは笑ってしまうほどに琴線に触れました。素敵です!

今回はOVR Grabbleでやっただけでは掴む場所がずれたため、SnapOffsetを使いました。

理想は手でなぞると光を発していく形。
今のままだと持った瞬間に光ってしまうし、光も地味。
もちろん調整はまだ必要ですが、これでチャンバラ風ゲームを楽しみたいですね。

音声が出ますので、音量注意!


TAMASHII Lab 宇宙刑事ギャバン レーザーブレード


ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました