UnityでOculus Questゲームアプリ開発日記【なりきりトレーニング編その2】

スポンサーリンク

前回に引き続いて、なりきりトレーニングを制作しています。

前回の記事

UnityでOculus Questゲームアプリ開発日記【なりきりトレーニング編その1】
以前アクションRPGを作っていましたが、ほぼ1面分を作ったら満足してしまったのでトレーニングアプリの制作開始。 いくつかのボクササイズや運動を組み合わせつつ、自分が子どもの頃にあこがれたものとリラクゼーション要素も入れようという狙い。...

動画にしています。

<span style=”color: #ff0000;”><strong>音声が出ますので、音量注意!</strong></span>

 

素手で岩を壊すのは大変だ、打つべし打つべし!

もはや面倒!流星拳!!

前回から弾の種類と効果音を変更。

飛んでくるターゲットの位置を大幅に変更、および追加しました。

追加した白と紫の設定が早すぎて焦る図

今回の修正点は

  1. 流星拳の弾および効果音を修正
  2. ターゲットの発生場所修正および追加
  3. 宇宙の流れる効果の位置変更
  4. 見えないものの・・・背景修正機能、エフェクトを追加

次の追加修正予定は・・・

  1. スコア反映
  2. 連続ターゲットの導入
  3. 回避行動用準備
  4. そして別のトレーニングもしくはリラクゼーション追加準備

楽しいですね、本当に。

やはりこのアセットのFXは優秀。欲しいものがかなり入っています。

Sci-Fi Arsenal
<iframe src=”https://assetstore.unity.com/linkmaker/embed/package/60519/widget-wide?aid=1011l4sD8″ style=”width:600px; height:130px; border:0px;”></iframe>


ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました