UnityでOculus Questゲームアプリ開発日記【なりきりトレーニング編その1】

スポンサーリンク

以前アクションRPGを作っていましたが、ほぼ1面分を作ったら満足してしまったのでトレーニングアプリの制作開始。

いくつかのボクササイズや運動を組み合わせつつ、自分が子どもの頃にあこがれたものとリラクゼーション要素も入れようという狙い。あくまで自分のストレス解消アプリですね。

UnityでOculus Questゲームアプリ開発日記(2019/10/06)【ボクササイズ編】
Oculus Quest用ミニボクササイズゲーム開発進捗。 仕事が始まってしまって開発がなかなか進みませんが、演出面を少し強化。 さらにレベル設定をつけました。 ステージ設定が活きて、雰囲気が変わりましたね。 1プレイす...

ボクササイズは上記のものよりもスピード感を優先して下記のような形に。

以前から作りたかったぺガサス流星拳的なものを再現!
岩(分子)を砕く!!的な。

BEAT SABERっぽく、標的(敵の攻撃のイメージ)が遠くから飛んでくる形にしています。

エフェクトが派手になって、爽快感もアップ!

そして歓声が出るようにしたので、どやることもできます。

天の道を行き・・・みたいなポーズ(笑)

今回使っているアセットは以下のものを中心に使っています。

Sci-Fi Arsenal

Epic Toon FX

POLYGON – Sci-Fi Space Pack

一応動画にしています。

音声が出ますので、音量注意!

最後の天道ポーズはカットしています。

まだ調整が必要ですが、楽しくなってきました。

ランニングや剣を使ったアクションも入れるので、今までの集大成みたいな感じですね。


ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム制作へにほんブログ村 IT技術ブログへにほんブログ村 ゲームブログ RPG・ロールプレイングゲームへゲームランキングPC・ソフトランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました