Category Archives: 情報

【用語】青天井(あおてんじょう)【キーワード】

相場以外でも使われることですが、「この銘柄はしこりがないからこの材料で青天井になる」みたいに言うことがあります。

青天井・・・簡単にいうと「雲(抵抗するもの、つまり売り)一つない青空」のように上に向かって株価がグングン上がり続ける様を指します。

しこりや雲はその株価でもみ合ったり(取引量が多かった)した過去があって、その株価になったら売りたくなるような株価帯のこと。これがあると売買の方向が極端に走りやすいので・・・そこが天井になることがあります。それがないから「青天井」。

【公開】マイポートフォリオの銘柄別年初来データ 【上昇率・貢献度・勝率】

早くも1年の1/3が終わってしまった2019年。

難しい相場と言われる今年の相場ですが、データではどうだろう?ということであくまで自分のポートフォリオ構成銘柄の範囲内だけで年初来データを見て確認したいと思います。

データ項目は「上昇率」「貢献度」(金額ベース)「勝率」です。

【まとめ】マイPF全体の年初来データ(2019年1~4月)をまとめてみた

早いものでもう今年の1/3が終わりました。

なんとかプラスをキープしていますが、うまく回っていない部分もあり、それらは改善していきたいと考えています。

そこで今回は、その改善の前にまずはマイポートフォリオの年初来データを見て現状を把握するという内容です。

【分析】マイPFにおける貢献度レース(2019年初~4月末)

マイポートフォリオの中でも貢献度の大きい銘柄はこの4か月で大きく入れ替わっています。

今回は【貢献度上位の動き】について注目してみたいと思います。
その際に何があったのかを思い出しながら、何がきっかけで上下したのかをプレイバックしたいと思います。

 

【なぜ?】大幅下落銘柄 マイPFに見る3つの共通点 【失敗談】

前年は大波乱で惨敗したマイポートフォリオ。

2019年に入り、全体としては上昇していますが・・・正直大苦戦している銘柄も多いです。

今回は今のポートフォリオ構成比とマイナス寄与率の高い銘柄をご紹介し、その原因の共通項について探りたいと思います。またの名を下げ要因という。

【書評】山崎 元・著 「資産運用実践講座 I・II」を読みました 【株の勉強】

以前からこれ!という株式投資の本が見つからない日々が続きましたが、今回の本はかなり満足度の高いものでした。

今回ご紹介する書籍は、山崎 元氏の「資産運用実践講座Ⅰ投資理論と運用計画編」と「資産運用実践講座Ⅱ株式投資と金融商品編」です。

手を出さなければ良かったと思う銘柄 6つの特徴

現在62銘柄を保有し、色々な銘柄の経過を見てきて、ガンと売られる時や株価があまりいい方向に動かないことが多い銘柄によくある特徴があるのではないかと思い、今回まとめてみました。

参考までに現在保有している該当する銘柄も加えています。今は解消されている問題もありますが、これがなければもっと良かったというラインもあります。

 

【用語】落ちるナイフはつかむな【キーワード】

ネガティブな材料が出て、株価や指数が戻す気配すらないくらいの垂直に急落するようなことがあります。
その鋭い下げ方を「落ちるナイフ」と言います。

そういったどこが底なのか見えないレベルの下落している状況でその株を買うようなことを「落ちるナイフをつかむ」とたとえられます

【書評】「貧乏人の経済学」を読んだ感想【レビュー】

なぜこの本を読むことにしたのか

経済について詳しい方が本書をTwitterで勧めていたのが何か気になっていたので読んでみることに。タイトルも刺激的でインパクトが強かったのもあります。

自分も裕福とはとても言えませんが、周りになぜかお金を貯めることができず自ら貧乏になるような人たちがいます。日頃から「お金がない」とつぶやいているので、アドバイスをしたものの改善されることはありませんでした。またネットでもお金を増やせない人が多いように感じ、そういった疑問が少しでも解消されたらいいなという期待から手に取りました。