【良かった株ダメだった株2020】ダメだった編【格付けチェック】

この記事は約4分で読めます。

良かった株ダメだった株 2020年版【ダメだった編】

過去最悪の結果となった2018年のリベンジを2019年で果たし、コロナショックで大暴落した2020年はその後大きく上がる形になった1年。

それでも「今年ひどすぎ・・・(´-ω-`)」と思う保有株がありました。

毎年好評なこの企画、2020年版もやっていきたいと思います。

2020年版は以下のように分類しています
1.ダメだった株:保有している銘柄で冴えなかったもの
2.良かった株:保有している銘柄で貢献したもの
3.インパクト株:上記から外れたけれど特徴のあった保有銘柄

過去版はこちら!
2019年 2018年 2017年 2016年

今回はダメだった株編です。
ちなみに良かった株編はこちらで公開済みです。

インパクトのあった株編

【パラメータとランクの見方】


パラメータ

  • 勝率:日別の年間勝率
  • 上昇率:前年末からの上昇率
  • 爆発力:値動きの激しさ(上にも下にも)
  • 貢献度:ポートフォリオへの貢献度(配当・優待含む)

ランク
 S・A・B・C・D・E の順で優 → 悪

厄払いもしくは反省会的な意味合いもありますが、始めます。

10位:寄り天でまったく戻せず 3679 じげん



前年は戻したものの、今年は完全に寄り天という悲しい流れ。

9位:いったん戻すも・・・ 9479 インプレスホールディングス


一度は下げまくりましたが、その後年初にまで戻すもズルズル負けを重ねるスタイル。そろそろ単元を減らしたいんですが、もどかしいです。

8位:寄り天でほとんど戻せず 8411 みずほフィナンシャルグループ


買ってからほとんどプラスになったことがないという相性の悪さを感じる銘柄。
昨年同様寄り天、しかも今年は下げ幅が倍に。単元が変わりましたが、ソフトバンクとどっぷりなので早く手放したい銘柄の一つ。

7位:冴えない、とにかく冴えない 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ


銀行株は今年ひどかったですが、これは本当にひどかった。ほとんどいいところが見つからなかったんですよね。

6位:新たなワースト王降臨 3963 シンクロ・フード


購入してからいいところなしのダメ銘柄の常連。
今年もいいところなしでしたね。評価損益率でワースト1位を奪取してしまい、本当に救いようがない・・・これも手放したい銘柄の1つ。

5位:不甲斐なさ全開 2768 双日


2年連続でマイナス。しかもたいした戻しもなく、だらしなく下落する一方。情けない結果でしたね。

4位:負の貴公子は相変わらず 6634 ネクスグループ


ポートフォリオの中でもダントツの弱さを誇る本当に疫病神的な存在。忘れた頃にストップ高を出す。どうでもいいですが、いいかげん上がってください(´-ω-`)
優待も使いづらいし、早く手放したい(。-`ω-)

3位:2年連続ランクイン安定した雑魚さ 2428 ウェルネット


とにかく勝てない、ほとんど上がらないという雑魚さに磨きがかかっていますね。5・6月でやや戻すも、結局は下げ幅倍化・・・話にならないですね。

2位:安定さはどこへ? 8593 三菱UFJリース


前年は大きく目立つことはなかったものの、安定した好成績を残しましたが、今年は見事に反転。とにかく弱い・・・ほぼ前年の上昇分は消滅。マイ転プラ転を繰り返す常連に。

1位:絶望的に勝てない敗北王 7863 平賀


やや浮き沈みが年によって目立ちますが、前年はプラス、今年はてんでダメという形でした。勝率は前年ワーストのストリームとほぼ同じ。1/3ちょいしか勝てないのでは、さすがに・・・しかし実は真のワーストは別にいる?

 

感想

大手銀行は今年限界も見えた面もあり、それが見事に株価に反映。前年安定してそこそこいい成績だった銘柄が投げられたパターンも多かったですね。そして雑魚はさらに雑魚っぷりを見せつけてくるの、やめてほしい・・・

2021年もちょっと厳しそうな銘柄もあるのがやや不安。
いい意味で裏切ってほしいところです。

次回は「2020年保有していて良かった」と思える銘柄をご紹介します。
お楽しみに。

良かった株ダメだった株2020 良かった編

良かった株ダメだった株2020 インパクト編



ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました