「幅広く強く 3週続騰」 2020年9月第3週 保有株パフォーマンス(9月18日時点)

この記事は約6分で読めます。

週全体の感想

日経平均株価は40円ほどの下落という結果ですが、内容はかなり強い印象でしたね。

自己保有は全66銘柄中、上昇が47、変わらずが2、下落が17

勝敗数では連休明けの開幕はプラスだったものの、他3日は全敗という恰好。金額的にはなんとかプラスを確保という形。

年初からの売却および含み評価損益:+8.73%(前週比:+5.10%)

チャート

ランキング

自己保有銘柄の含み損益、今週の騰落パフォーマンスランキングは以下の通り。

コード銘柄名先週比評価損益
2307クロスキャット+37.68%+205.38%80%
6264マルマエ+35.82%+600%60%
7725インターアクション+34.27%+407.42%60%
3742ITbookホールディングス+27.12%+122.74%60%
9438エムティーアイ+27.04%+41.44%100%
4722フューチャー+26.88%+351.83%80%
6670MCJ+25.99%+630.71%60%
2462ライク+25%+421.39%60%
2170リンクアンドモチベーション+22.42%+160%60%
3182オイシックス・ラ・大地+18.27%+147.64%80%
9757船井総研ホールディングス+17.03%+334.06%60%
6050イー・ガーディアン+16.49%+322.16%60%
4388エーアイ+12.57%+49.37%60%
4826CIJ+12.27%+90.44%100%
6200インソース+11.34%+71.53%60%
7744ノーリツ鋼機+10.78%+135.6%60%
7438コンドーテック+9.62%+71.39%100%
4716日本オラクル+9.52%+342.17%80%
4367広栄化学工業+8.54%+123.33%40%
6058ベクトル+7.69%-18.43%80%
5301東海カーボン+6.62%+20.81%60%
3987エコモット+6.52%-40.51%100%
1780ヤマウラ+5.94%+51.92%100%
3021パシフィックネット+5.77%+255.42%60%
7832バンダイナムコホールディングス+5.76%+485.89%40%
2354YE DIGITAL+5.72%+99.66%60%
3857ラック+3.79%+8.83%60%
3941レンゴー+3.67%-14.45%80%
2768双日+3.41%+42.61%40%
6634ネクスグループ+3.37%-55.28%40%
6727ワコム+3.35%+8.68%80%
3778さくらインターネット+3.15%-22.96%40%
4985アース製薬+3.08%+201.46%80%
8769アドバンテッジリスクマネジメント+3.05%+2.29%60%
7746岡本硝子+3.03%-14.29%80%
8708藍澤證券+2.81%+41.57%80%
2681ゲオホールディングス+2.28%+87.36%40%
6044三機サービス+1.76%+81.44%100%
7974任天堂+1.74%+121.19%80%
1893五洋建設+1.23%+6.78%60%
2124JAC Recruitment+0.95%-31.63%60%
2773ミューチュアル+0.92%+0.46%60%
5990スーパーツール+0.88%-10.72%60%
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ+0.43%-27.64%40%
5381Mipox+0.23%-17.27%20%
3679じげん+0.15%-49.49%40%
3963シンクロ・フード+0.11%-61.14%40%
9479インプレスホールディングス+0%-16.08%60%
7863平賀+0%-2.22%20%
2404鉄人化計画-0.7%-37.91%40%
8591オリックス-0.73%-2.34%60%
8411みずほフィナンシャルグループ-0.98%-31.23%20%
8914エリアリンク-1.03%-30.15%20%
3401帝人-1.39%+1.45%40%
8304あおぞら銀行-1.44%-60.99%20%
7148FPG-1.48%-43.69%20%
2428ウェルネット-1.75%-45.5%60%
3071ストリーム-2.02%-33.84%40%
3668コロプラ-2.16%-4.94%20%
2173博展-3.86%-25.09%40%
3048ビックカメラ-4.08%+147.17%40%
8593三菱UFJリース-4.97%+7.66%20%
4568第一三共-7.48%+405.07%40%
6039日本動物高度医療センター-8.7%+2.02%20%
3195ジェネレーションパス-16.79%-24.82%20%
3723日本ファルコム-27.58%+600.99%0%
全銘柄+4.863%+69.21%60%

上昇と下落で目立った銘柄

上昇率3%以上は、クロスキャット,マルマエ,インターアクション,ITbookホールディングス,エムティーアイ,フューチャー,MCJ,ライク,リンクアンドモチベーション,オイシックス・ラ・大地,船井総研ホールディングス,イー・ガーディアン,エーアイ,CIJ,インソース,ノーリツ鋼機,コンドーテック,日本オラクル,広栄化学工業,ベクトル,東海カーボン,エコモット,ヤマウラ,パシフィックネット,バンダイナムコホールディングス,YE DIGITALの35銘柄。全体的にかなり強いのがわかる数字。金額ベースでのプラス寄与率はマルマエ、イー・ガーディアン、オイシックス・ラ・大地、エーアイ
が上位銘柄。 主力が入ってくると、強いですね。ただ突出した強さはなかったですね。

下落率3%以上は、日本ファルコム,ジェネレーションパス,日本動物高度医療センター,第一三共,三菱UFJリース,ビックカメラ,博展の7銘柄。金額ベースでのマイナス寄与率はジェネレーションパス,日本動物高度医療センターが上位銘柄。プラ転前のジェネパ急落は心理的に痛いです・・・

悲喜こもごも

●3連続週間成績プラス
 3週続騰というありがたい展開。
 ただ2軍3軍が元気になってきたのは、相場的には心配どころでもあります。
 10月あたりに天井感で下げる流れもあり得ますね。

●今週のプラ転・マイ転
 プラ転:ミューチュアル、アドバンテッジリスクマネジメント
 マイ転:なし
 なかなかいい感じですね。もっと増えてほしいです、かなりひどいものも多いので。

来週の展望

 日経平均株価が23000円を維持できるのかがポイントでしょうか。
 個人的には菅政権で影響受けまくりの携帯電話キャリア銘柄を虎視眈々と狙っております。
 
 米国の対中国のやり方は自分はありだと考えていますが、その影響を受ける銘柄も多いんですよね。
 ただ中国のやり方はさすがにもはや限界、バイデンが選挙で勝つとなるとかなり厄介なので、その流れも気を付けたいところです。

さてどうなりますか。

created by Rinker
ナツメ社
¥1,430(2020/10/29 06:02:30時点 Amazon調べ-詳細)

ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました