大苦戦の今年の約1/3が終了、暴落から回復した株しない株(保有株)

この記事は約3分で読めます。

2020年は大苦戦。
ただでさえ初日からマイナスが続き年初来プラ転できないままに、新型コロナウイルスの影響と原油価格が大暴落・・・

ようやく暴落からの回復も進みつつあり、今のところ暴落後では一番戻っている状態です。
ただしいまだに年初来成績はマイナス30%オーバーで苦しい状況です。

保有銘柄の中でもその戻りの格差は予想以上に大きいです。

そこで今回は年初来成績から上位と下位をご紹介したいと思います。

まずは戻りが悪いものからマイナス30%オーバーの28銘柄をご紹介。
ちなみに年初来成績でマイナスの銘柄は66銘柄中57銘柄と厳しいです。

コード 銘柄名 年初比 評価損益
7725 インターアクション -211% +499.74%
2170 リンクアンドモチベーション -176.36% +109.09%
6264 マルマエ -123.88% +550.75%
6670 MCJ -102.36% +455.12%
7832 バンダイナムコホールディングス -100.17% +353.34%
2354 YE DIGITAL -73.73% +35.02%
6200 インソース -70.29% +38.51%
2173 博展 -65.62% -41.23%
2768 双日 -59.66% +40.34%
3048 ビックカメラ -59.64% +122.9%
4367 広栄化学工業 -51.92% +29.87%
3021 パシフィックネット -51.58% +185.66%
7148 FPG -51.06% -54.01%
4722 フューチャー -50.54% +239.78%
4826 CIJ -43.87% +59.25%
2124 JAC Recruitment -42.28% -45.18%
7744 ノーリツ鋼機 -41.13% +73.62%
8593 三菱UFJリース -40.58% +5.59%
8591 オリックス -40.49% -13.85%
8914 エリアリンク -38.47% -39.93%
5381 Mipox -37.27% -46.82%
9757 船井総研ホールディングス -36.42% +313.04%
7746 岡本硝子 -35.5% -13.42%
3679 じげん -34.05% -55.41%
6050 イー・ガーディアン -32.72% +136.41%
3742 ITbookホールディングス -32.33% +21.64%
3963 シンクロ・フード -31.96% -69.71%
1780 ヤマウラ -30.94% +28.5%

・・・主力がしっかり入ってしまっているのがきついですね、本当に。
インソースとバンダイナムコホールディングスがすさまじい下げでマイナス貢献率が高いです。
そこにマルマエ、パシフィックネット、JAC Recruitment、インターアクション、広栄化学工業、オリックス、FPG、日本動物高度医療センターが続く状態。

次に年初来成績がプラスの9銘柄をご紹介。

コード 銘柄名 年初比 評価損益
4716 日本オラクル +47.25% +298.1%
3182 オイシックス・ラ・大地 +33.54% +29.13%
4985 アース製薬 +21.59% +141.33%
6044 三機サービス +18.88% +92.32%
2681 ゲオホールディングス +8.93% +55.77%
2462 ライク +8.61% +342.78%
7974 任天堂 +8.34% +71.25%
4568 第一三共 +7.85% +285.88%
3941 レンゴー +1.47% -11.2%

特にオイシックス・ラ・大地がすごく強いですね。

調べてみると、ここまで大きく差が出るとは・・・。

早く全銘柄が年初来成績をプラスになることを祈りつつ、銘柄を取捨選択してより強固なポートフォリオにしていきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました