【投信成績】「こちらも冴えず」 2018年の投資信託パフォーマンス

この記事は約2分で読めます。

投資信託(投信)の状況報告。
今年金額をかなり増やしたんですが、株式投資に続き、こちらも爆死。
なんというか見事な相場観でマイナスを量産した感じ・・・。

全体:-10.9%(+-0.0%)
国内株式:-15.3%(+0.4%)
先進国株式:-9.6%(+-0.0%)
新興国株式:-14.1%(-1.0%)
国内債券:+1.2%(+0.3%)
先進国債券:-1.0%(-0.1%)
新興国債券:-8.1%(-0.3%)
国内リート:+4.8%(+1.4%)
海外リート:-6.8%(-2.1%)
コモディティ:-1.3%(+0.6%)
その他:-3.7%(+0.3%)

国内リートとコモディティの上げが目立つ程度で他は低調。
しかし新興国株式と海外リートの下げが目立ちました。

結局投信のパフォーマンスも冴えないまま終了。
下げの要因となったのは、株式の大幅下落ですが新興国株式は中国を中心に買った後に米中貿易問題が勃発してしまい急落したのが痛い一撃。そこから結局アメリカ、日本も先行き不透明な形で落ちていった感じですね。

国内リートの強さがやけに目立つ結果となりましたが、あまり保有率は多くないのが残念です。

昨年はお試しで始めて、今年はそれなりに投資金額を増やしたのですが裏目に出る結果に。
来年は株式は低調と判断して安い時に買い、他を厚くする手法で行ってみようと思います。
債券は懸念があるので、コモディティと国内リートを狙いましょうかね。

今年もお疲れさまでした。


ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました