「目立つ連敗銘柄」 2017年3月第2週成績(3月10日時点) 【週間保有株まとめ】

この記事は約5分で読めます。

週全体の感想

日経平均株価は下がりがちな金曜に大幅に上昇して19600円台を獲得。
ポートフォリオは正直大苦戦。

自己保有は全49銘柄中、上昇が31、変わらずが0、下落が18

勝敗数では3勝2敗という恰好。金額的にはなんとかプラスを確保という形。

年初からの売却および含み評価損益:+23.45%(前週比:+0.46%)

ランキング

自己保有銘柄の含み損益、今週の騰落パフォーマンスランキングは以下の通り。

コード銘柄名先週比評価損益勝率
2354安川情報システム+26.26%+182.15%40%
2170リンクアンドモチベーション+22.42%+238.18%80%
4985アース製薬+16.58%+125.91%80%
7832バンダイナムコホールディングス+12.53%+187.15%60%
3048ビックカメラ+10.21%+159.64%100%
7725インターアクション+8.19%+79.03%80%
7974任天堂+3.8%-8.35%80%
3668コロプラ+3.64%-54.71%40%
9438エムティーアイ+3.52%+12.64%80%
7746岡本硝子+2.21%-28.76%60%
7438コンドーテック+2.08%+22.89%60%
2462ライク+1.94%+289.01%60%
8306三菱UFJフィナンシャル・グループ+1.82%+26.16%60%
3796いい生活+1.7%+4.25%60%
2773ミューチュアル+1.5%+4.4%60%
8708藍澤證券+1.41%+34.54%40%
6634ネクスグループ+1.08%-36.48%40%
6727ワコム+0.92%-24.35%60%
4824メディアシーク+0.78%-19.06%80%
8411みずほフィナンシャルグループ+0.74%+5.47%20%
3021パシフィックネット+0.66%-13.55%60%
4722フューチャー+0.64%+94.19%40%
4319TAC+0.59%-31.66%60%
2768双日+0.57%+67.05%40%
7863平賀+0.49%+8.62%40%
2404鉄人化計画+0.47%-12.79%40%
8304あおぞら銀行+0.43%-10.06%60%
4826CIJ+0.41%+11.43%40%
5990スーパーツール+0.4%-6.6%80%
6050イー・ガーディアン+0.26%+132.45%60%
2307クロスキャット+0.21%+9.32%60%
8914エリアリンク-0.14%+8.18%40%
4568第一三共-0.23%+38.26%60%
4716日本オラクル-0.36%+130.25%40%
9479インプレスホールディングス-0.46%-34.1%40%
7744ノーリツ鋼機-0.57%+37.02%40%
8591オリックス-0.94%+22.03%20%
3071ストリーム-1.01%-36.36%20%
5381Mipox-1.37%-30.23%20%
2681ゲオホールディングス-2.18%+44.12%40%
8267イオン-2.5%+24.66%40%
6264マルマエ-2.99%+597.01%20%
1780ヤマウラ-3.15%+6.82%20%
9757船井総研ホールディングス-4%+148.18%20%
3857ラック-5.21%+20.76%20%
3778さくらインターネット-5.42%-6.9%20%
6670MCJ-9.06%+386.22%40%
3723日本ファルコム-17.24%+308.87%20%
6044三機サービス-22.08%+130.72%0%
全銘柄+0.46%+54.82%60%

上昇と下落で目立った銘柄

上昇率3%以上は、安川情報システム,リンクアンドモチベーション,アース製薬,バンダイナムコホールディングス,ビックカメラ,インターアクション,任天堂,コロプラ,エムティーアイの9銘柄。正直全体的にあまり強くないのがわかる数字。金額ベースでのプラス寄与率はバンダイナムコホールディングスと安川情報システムが上位。あまり強さは感じられない結果。
下落率3%以上は、三機サービス,日本ファルコム,MCJ,さくらインターネット,ラック,船井総研ホールディングス,ヤマウラの7銘柄。金額ベースでのマイナス寄与率は三機サービス
・ラック・さくらインターネットが上位3銘柄。期待値の高い銘柄がイマイチでしたね。

悲喜こもごも

●週間記事プレイバック
伏兵が活躍!薄氷の勝利で4連勝【2017/03/06】
Wエースが惨敗で今年2番目の下げ幅を更新・・・【2017/03/07】
保有株が一部を除いて冴えないことで出てくる焦り 【2017/03/08】
主力は沈黙、さくらインターネットは4連敗で下げ止まらず【2017/03/09】
5連敗の銘柄を含む完全にブレーキでほんのわずかなマイナス【2017/03/10】
 主力勢が調整というか弱さを見せていてパッとしなかったことがうかがえますね。特に最近購入したさくらインターネットは4連敗、三機サービスは5連敗で全敗と連敗が目立つ展開。逆にビックカメラは全勝。

●5連続週間成績プラス
 さすがに上昇力が弱くなっており、上昇率では今回が一番低い結果に。
 強烈な上昇を見せていた銘柄が軒並み下がっていたのが原因。
 一つの目安として6連勝すると下げるパターンも多いので、苦しい展開が予想されます。

・今月のプラ転・マイ転
 プラ転:なし
 マイ転:なし

来週の展望

 日経平均株価が20000円へ向かっていくのか、調整が入るのかは正直わかりません。どっちも十分にありえる感じです。ここで上がれば・・・というところで下がるのでどうにもピンと来ないです。前週予想した通り苦戦しましたが、来週は上か下かはわかりませんが大きく動く気もしますので、どちらに行ってもいいように用意していきたいところ。


ブログランキングに参加しています。
アクセスアップにご協力いただけると幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へにほんブログ村 株ブログ 米国株へ株式投資ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました