心療内科をどこにするかを選ぶ際に気を付けたいポイントを3つ考えてみた

この記事は約3分で読めます。

心療内科・・・自分が最初に行くときには本当に不安ばかりで、様々な感情や価値観などが心の中でせめぎあって葛藤しました。

※その様子は【うつ病発症物語】の「はじめての心療内科」に詳しく書いてありますので、よろしければご覧ください。

自分も失敗したこともありますが、リアルで知った方にも意外と行っている人が多いことを知りました。しかしどうもうまくいかなかった方がほとんどである印象。

そこで自分とそれらの方々がどういうことをしたためにうまくいかなかったのかを、今回は心療内科の選び方や行く流れについてご紹介したいと思います。

今ちょうど心療内科に行こうか悩まれている人の背中を押すきっかけになれば幸いです。

※あくまで自分の見解と担当の心療内科にたずねたこと、知り合いの体験談を中心にしてるので絶対ではないことをご承知おきください。

 

スポンサーリンク

自覚なしに他人に勧められたから行った

うつ症状などの自覚がほとんどないのに行ったケース。

 

最悪なのは、明らかに周りからはおかしいと(勝手に)思われて、家族や会社の人に連れられて来た人が何名か知り合いにいました。

うつ病などは自覚症状がないと探りづらく、もしかすると発達障害やただ精神的に疲れているだけの場合もあります。いきなり連れていかれても本人は戸惑うばかりです。少なくとも事前に本人に伝えてください。決してだまし討ちのように連れて行くのはNGです。

その状態で本人が行っても混乱しているため、余計な症状と勘違いされたことにより誤診されて不要な治療をする可能性もあります。まずは「最近かなり体調悪くない?」というような質問で気づかせるといった配慮が必要かもしれません。最低限でも事前に本人には心療内科に同行するということをしっかり伝えてください。そういうことをする人がいることは記憶に残しておくといいでしす。

実際に自分が無理をしすぎても気づけない人は、もし他人から「大丈夫?」と言われたら、症状を確認してみたり、休んでみるなどをするといいでしょう。必要なら自分から行く方が望ましいです。

 

予約なしで直接行った

個人的にはおすすめしません。

予約状況などを見るとわかると思いますが、患者の方の数はけっこう多く、かなり待たされるか、受付できないと言われることがほとんどです。その2つとも精神的にきつい状態では大きなダメージになるので避けた方がいいです。

個人的には電話もきついので、Web予約が可能な病院がいいかなと思います。(自分もそうでした)

 

原因である場所に近い場所にした

毎日のように行く職場や学校などの方が都合がいいと考えがちですが、自分はそれが精神的に追い込まれる原因の場所であるなら、やめた方がいいかなと思います。ただでさえ心療内科に行くのは足が向かない、腰が重くなることが多いです。そこにその原因に少しでも距離を置くことが必要なので、休職しても気軽に行くことができる自宅付近にあるところをおすすめします。原因が自宅にあるなら、逆もしかりです。

 

まとめ

・人に勧められただけで行くのは避ける

・予約なしで直接行かない

・できれば原因から遠いところにする

少しでも参考になれば幸いです。

 


ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 健康ブログ 心と体へにほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ日記ブログランキング

コメント

  1. ひな より:

    心療内科や精神科に初めて行く場合。一番いいのは、普段風邪などでお世話になっているホームドクターに紹介してもらうことだと思います。まず、辛い時でも行きやすい近いところで、同業から見て「ここなら」というところなら安心。私の場合は、2件紹介してもらい、早く診てくれるほうに決めました。ネットの口コミなどは絶対信用しないほうが良いです。

    • はいみ より:

      ひなさん、ありがとうございます。

      確かに長年自分のことを知っている人、さらに医学的な知見を持っている人なら的確な医者を紹介してもらえるかもしれませんね。自分にはホームドクターのように全体を知ってる医師はいませんが、そういう方がいる場合は本当に有効ですね。

      ネットの口コミはステマや宣伝もありえるので、その点に関しては自分も同意です。

タイトルとURLをコピーしました