“不眠”からの”快眠”を目指せ 第9話「散歩と昼寝」


スポンサードリンク



前回の記事はこちら

今回の意図

睡眠導入剤なしで眠ることができ、抗うつ薬も減薬をしてから、少し停滞気味でした。そこで新しく注目する部分を変えて実行してみました。

今回のキーワードは「散歩」と「昼寝」。

筋トレや脂肪燃焼系の運動を増やしたものの、あまり睡眠には影響がありませんでした。

散歩なしの場合は深い睡眠時間が20分を切ることも増え、深刻な状況。眠ることはできたんですけどね。低気圧の影響も大きかったと思いますが。

その中で比較的良かった8/24のデータを基に、有酸素運動、特に散歩に注目しました。

 

睡眠データと見解

9/8

昼寝なし、散歩あり

睡眠に入った時間も早めで良好。

歩数は8500。

 

9/9

昼寝なし、台風で夜に低気圧がかなり厳しい状況

低気圧の影響で頭痛がひどく起きていられなかったため、早めに就寝したものの、影響は侮れず・・・。

後半は強風でほとんど眠れていないという惨状。

歩数は8200。

 

9/10

昼寝なし、散歩あり

気圧の乱れがきつく、昼寝した割には安定していた感じ。

就職活動もはじめたので、ちょっと疲れたのもありますね。

歩数は6600。

 

9/11

昼寝あり(15:30~17:00)、散歩あり

引き続き気圧がきつく、いつの間にか夕方に寝てたパターン。

意外と眠りは安定気味。

歩数は7300歩。

 

9/12

昼寝あり(16:30~18:00、23:45~00:30)、散歩なし

散歩をしようと思ったら強烈な睡魔にやられてできず・・・。

寝る前の夜にも疲れて寝てしまったため、睡眠の質がひどいことに・・・

二度寝した時が一番ちゃんと寝た感じ。

歩数は4200。

 

9/13

昼寝あり(15:30~17:00)、散歩あり

散歩をする理由に「ドラゴンクエストウォーク」を導入。

ただし朝の運動は休憩日のため軽め。

歩数は7500。

 

9/14

昼寝あり(15:30~17:00)、散歩あり

久々の12000歩でかなりの疲労。やや0時ごろにウトウトした割には睡眠はスムーズ。やはり疲労度が大きいのか?

歩数12750。

 

今回の総括

全体的に眠りの質は良かったと言えます。

前回最高値に近い深い眠りの時間を維持できるようになりました。

散歩は全体の底上げやリズムの安定には有効に見えます。

前回よりも寝始める時間を早くしたのも大きかったと思われます。今のところは1時前半までに寝た方が良さげです。

減少させる要素としては、

  • 昼寝をしてしまうと深い眠りの時間は減少する(特に遅いと悪化)
  • 朝の運動も軽いと弱くなる?
  • ただ気圧の不安定さ

が挙げられますね。

 

次回はそのあたりも考慮してみるのもありかと考えています。

created by Rinker
¥1,620 (2019/10/15 08:06:01時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル日記へにほんブログ村 グルメブログへ

職場定着率90%!うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】 | マットレスを超えた!?腰痛対策 高反発敷布団『雲のやすらぎプレミアム』 | 安く継続しやすい個室トレーニングジム | プログラミングスクール「TECH BOOST」 | 転職サポートならKENスクール | 毎日話せる「レアジョブ英会話」 | 働く未来をあきらめない就労移行支援【パーソルチャレンジ】


Be the first to comment

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.