気圧と気持ち(2019/9/7)

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク

心療内科へ

減薬から1か月が経過した時点での心療内科。

こちらの見解としては、明らかに下がってはいるが許容範囲内。

不調の原因は気圧変化の激しさの方が強く感じる。

現状のストレス負荷ではセーフだが、ただし新しく仕事を始めるかもしれないので、それ次第で危ういかもしれない。

そんな話を伝えて、結論としては現状維持。

もし仕事を開始して悪化するようならすぐに心療に行くという話で落ち着きました。

 

気圧と気持ち

日中から気圧の変化が厳しく体調不良になってもおかしくない状況ながら、朝から運動出来たり、やりたいことややっておきたいことをしっかりできたのは大きかったですね。

気持ちが上向いていると、ダメージを受けていても動くことができるイメージ。昼寝もしなかったので、睡眠の質が上がることを期待したのですが・・・

 

感謝の言葉

いつもありがたいです。

本当にありがとうございます!

created by Rinker
KADOKAWA
¥1,320(2020/02/17 07:40:06時点 Amazon調べ-詳細)

ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 健康ブログ 心と体へにほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました