【鬱な気分は温泉で】竜泉寺の湯 草加谷塚店【埼玉県】

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

はじめに

今回は体調不良が続いているので、気分転換も兼ねて行ってきました。

「竜泉寺の湯 草加谷塚店」に!

公式サイト

ニフティ温泉のスーパー銭湯ランキング2019・夏で東日本1位に選ばれたお店。
自分もここ1年で3回と最多で行っているので、納得の結果。
どうやらTBSテレビ『集団左遷』というドラマ撮影にも使われたみたいです。

 

お風呂

ここの特徴は豊富なお風呂の種類!そして炭酸泉!

自分がおすすめするお風呂を紹介しますね!

不惑の湯:体温から少し低めの温度である36℃から37℃までいかない感じのお風呂。負荷がかかりにくいので弱っている時はおすすめ。

スーパー電気風呂:とにかくマッサージ性能のパワーがすごく、しかも調整がそれなりに効くのがいいです。まさにスーパー!最強に近くなると絞られる感じになります、いろいろと。しかも他のところだと電気風呂って1~2個しかないんですけど8個くらいあります。

ジェットバス:場所によってジェットバスって勢いが違うんですが、ここのは勢いがちょうどいいんですよ!物足りないところがけっこうあるんですよね・・・。

高濃度炭酸泉:温度はやや低めの37度くらい。泡がシュワシュワで気持ちいいのです。人気があるのでいつも混んでる印象。

寝ころび炭酸泉:昨日初めて入ったんですけど、気持ち良かったですね。思わず寝そうになりました。

美泡の壺:いわゆるツボ風呂なんですけど、他よりも気持ちいいんですよね。理由は温度が高めであることと泡としぶきが跳ねるのがなんかいいんです。説明しづらいですけど・・・。

そしてサウナも普通は1つなのに2種類用意されているのも印象的。自分は使わなかったので今回はパスしました。塩が盛ってあるんですよねえ。

 

岩盤浴

7種類のアロマ岩盤浴房を売りにしている岩盤浴もおすすめです。

自分はにおいがきついのは苦手なんですけど、ここのアロマは心地よいんですよね。リラクゼーションBGMも悪くないです。

ただ残念ながら女性専用が1つあるんですよ・・・入ってみたい。

天井に話題のプロジェクションマッピングの部屋があったり、ほどほどの温かさで寝ころべたり、かなり熱いものも用意されていたり・・・自分に合った選択ができるのが大きいです。(実際に自分には合わないものもある)

そして岩盤浴客用のリラクゼーションルームも良いんです。

気持ち良すぎて、ほぼ毎回寝てしまうんですよねえ・・・

 

食事処

今回初めて体験したんですが、良かったです。予想以上にボリューム感がありました。今回食べたものについては別途記事にしますね。

人気はカレーうどん。すごい大きい入れ物にたっぷり入っています。けっこうな人数が頼んでました。

地味にサラダビュッフェも嬉しいところ単品では割高ですが、食事メニューと一緒なら割引されます。

女性が喜びそうな野菜豊富、メニューもあります。

やや割高に思うメニューはありますけど、味やサービスは及第点かなと。

 

いいと思う点

  1. ところどころで快適さがある

  2. 選択できる自由度がある

  3. お風呂の大きさやバランスがちょうどいい

お客が気持ちいいと思うであろう点をしっかりとおさえているのが大きいです。そして選択できるのも〇。

それにお風呂自体がそれなりに広々していて、人気のありそうなものが一番広いという感じのバランス感覚が非常に優秀です。

悪く言えば丸くてとがってはいないんですけど、ユーザー調査をしっかりしてるんだろうなといつも感心します。

 

気になる点

  1. 料金支払いがちょっとわかりづらい

  2. アロマ冷風房が雰囲気を壊しがち

  3. 人気店ゆえに混雑

料金関係は飲料水や食事も含めてタグで最終清算ではないのが少し不自由です。実際にそういうお店も多いので、気になりますね。ここは別支払いなのでお財布をもっていく必要があるのがちょっと・・・。

冷房風は涼しくていいんですが、交通誘導のおじさんが見えたり周囲の道路が見えたりで他の岩盤浴が幻想的ゆえに現実感出すぎなんですよね、あそこだけ。

昨日は夏休み中とはいえ平日なのに混んでましたね。岩盤浴はそれなりで空いていて快適でしたが、リクライニングシートは埋まっていました。

 

最後に

総合力とバランスの良さが目立ついいお店ですね。

人気店ゆえの不便もありますけど、リラックスするのにはすごくおすすめです。

満足度:★★★★☆


ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 健康ブログ 心と体へにほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ日記ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました