【うつ病になって変わったこと】太陽の光で消えそうになる 【症状】

この記事は約1分で読めます。

ネタのような話ですが、うつ病を発症する前後で感じたことがあります。それは刺激に対して反応が過剰になるということ。

特に朝、太陽の光を浴びると、身体が消滅するんじゃないかと思うくらいに目の前がクラクラしました。まるで自分の属性が闇になり、吸血鬼か何かのように光が弱点になってしまった感覚にとらわれました・・・。

恐らくですが、目から入る刺激(今回の場合は日光)に脳が過敏に反応して、処理できない状態になっているのではないかと。

もし光や何かの刺激に過敏になるようでしたら、うつ病はもちろん、他の理由も含めて注意してください。

ただ日光を浴びるのは、うつ病や精神疾患にはいいようなので、直接目に入らないようにするなどの工夫をした方がいいかもしれないですね。


ブログランキングに参加しています。アクセスアップにご協力いただけると幸いです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へにほんブログ村 健康ブログ 心と体へにほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ日記ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました